映像翻訳者が足りません。海外からでも出来る仕事情報

映像翻訳を仕事にする 仕事

海外に住んでいる方の中には語学を仕事に生かしたいと考えている方も多いと思うのですが、なかなか取っ掛かりが出来にくい方もおられるのではないでしょうか。

 

最近ではコロナ騒動の影響で、日本語クラスの先生や、日本文化を現地の人々に直接紹介するような仕事もやりづらくなってきている状況です。

 

そんな中、世界中の人々が家にこもって動画を見る機会が多くなっていることもあり、映像の翻訳者が足りていない状況になりつつあるようです。

 

普段から英語を使っておられる方、仕事で英語を使っておられた方など、もしも、次なる仕事をお探し中であれば、映像翻訳者という職業も選択肢の一つとして考えてみてください。

 

映像翻訳とはどういうものなのか、どういったスキルが必要なのか、ヒアリングマラソンで有名なALCが分かりやすく説明してくれますので、チェックしてみてください。

 

時間や場所を選ばない仕事「映像翻訳家」になる道

 

サンプル動画もありますので、実際に映像翻訳にもチャレンジしてみてください。

 

英語教育に定評のあるALCですので、映像翻訳を基本的なところから少しずつ学びながらステップアップしていき、仕事を受注できるようになるまでの手厚いサポートが期待できます。

 

「映像翻訳をやってみたいけど、何から手をつけていいか分からない…」という方には最適なWeb講座の内容になっています。

 

2021年2月20日までは受講料が20%オフになるキャンペーンを実施中です。

 

「家の中にいる時間を有効利用したい」、「今のうちに何か手に職をつけたい」という場合にはぜひ覗いてみてください。



タイトルとURLをコピーしました