一時帰国から滞在国へ戻る前のPCR検査陰性証明書の入手場所

PCR検査 コロナ対策

一時帰国で日本から滞在国へ戻る際、多くの国では入国に際してPCR検査の陰性証明書の提示が必要になっています。

 

検査実施時間から72時間以内のものである必要がある場合も多く、移動時間も考慮に入れると非常にタイトな対応が必要になってきており、素早く陰性証明書を出してもらえる医療機関の対応が望まれます。

 

例えば、羽田空港にほど近い浜松町駅から徒歩3分の場所にあるTケアクリニックでは、英語表記の陰性証明書が検査翌日の17時以降から受け取ることができます。

 

【Tケアクリニック】来院PCR検査

ハワイや中国に入国する場合には、特別な様式の証明書が必要になりますが、追加料金を支払うことで対応してもらえます。

 

2021年4月3日現在のPCR検査の料金は税込で16,500円、標準様式の陰性証明書の場合にはプラス5,500円(税込)となっています。

 

別料金で当日検査結果を通知してもらうことも可能で、抗体検査、抗原検査にも対応してもらえます。

 

最短1時間前までに、オンラインまたは電話で予約ができ、予約完了後はオンラインで問診票に入力した後、当日クリニックで検査実施、翌日17時以降に陰性証明をクリニックに受け取りに行く、という流れになります。

 

検査時間は9:00~14:30及び15:30~19:00、土日祝祭日も検査可能となっていますので、渡航日に合わせて早めに予約しておくのがお勧めです。

 

早くコロナ騒動が収束して自由に行き来できるようになってほしいものですが、未だ時間がかかりそうな様子を呈していますので、今のところは万全の準備を整えて渡航に臨んでいきましょう。



タイトルとURLをコピーしました